頭の中は『アレしたいコレしたい』でいっぱい。お花、緑、お裁縫、お料理、写真…どれも大好き。でもうまくいかない事もいっぱい。そんな欲張りでチッポケだけど楽しい!って思う事やりたい放題な私を綴ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ++ yummy ++
 
[スポンサー広告
ブログアップできないんだけど。
FC2でブログアップしてんのに反映されない!!(◣益◢メ)

カテゴリではきちんと反映されてるのに(ブログアップ数)
トップページにもカレンダーにも記事が存在しない。

なにこれ。

スポンサーサイト
Posted by ++ yummy ++
comment:0   trackback:0
[未分類]  thema:今日のブログ - genre:ブログ
須磨水族館 王子動物園の割引券

コープこうべの
ポイントカード組合員証と
専用割引券で
須磨水族館も王子動物園も
1割引できるんか~!

なんども言ってたのに
知らなかった…(´Д`;)

専用割引券はコープこうべのHPから★


Posted by ++ yummy ++
comment:0   trackback:0
[未分類
映画 火火(ひび)
義理母は陶芸をしている
火火という映画を手にした時、白血病の病と、陶芸の世界がテーマなんだと
漠然としたイメージで、義理母にオススメできる映画かもしれないと
とても軽い気持ちで、鑑賞を始めた。

正直、「女陶芸家の人生」がこの映画の焦点だと思っていたので
見終わる頃には、涙はもちろん、呼吸困難に陥るんじゃないかと思うくらい
苦しくなるとは思いもしていなかった。

誕生日会のシーンで泣いたというコメントをいくつか読んだのだけれど
私はうろ覚えのセリフですが「さきにいっとき!あとから…」という
田中さんの姿に、自分が重なるかのような想いで、体がかたまり、むせかえるような涙を流した。

だからといって、お涙ちょうだい的な映画ではないんですよね・・・。

私には4歳の息子がいる。
義理の親戚に、小学生時代に白血病で亡くなった子がいる。
映画を観終わった後、私も骨髄バンクに登録しなくちゃならないような衝動にかられました。

骨髄バンクについて知りたいと、調べたかった内容。

◆ドナー登録は無料、たった2MLの採決
◆登録20歳から54歳まで可能
◆ドナー候補者になったら、何度かの同意を尋ねられる
◆骨髄提供するための入院費用、保険などは保障される
◆謝礼は勿論なし
◆骨髄採取には骨盤あたりからの「注射」により採取
◆骨髄提供による貧血を軽減するため、自分の血を採血、保存されて輸血される。
◆提供の為の入院は3~5日程度
◆提供の為の術傷跡も残ることは少ない
◆ドナーになって死亡したのは過去日本で1名
◆骨髄提供後、1年以内に2回まで患者さんと手紙交換ができる

知りたい事はほぼ骨髄バンクのHPで知る事ができました。
が、実際提供した方々の今の気持ちってどうなのだろう、と検索したところ
分かった事は
正真正銘の「無償の愛」で提供できる心が必要だということ。

人間なので。心を持っているので、やはり何か、自分がした事に達成感や、見返りを求めてしまうものです。
軽々しい「無償の愛」ではない、偽善でない心が必要なのですね。
提供や術後のリスク、仕事、相手の性別、どんな人で何歳なのか
1年以内に2回までなら許される手紙が来る来ない
提供した相手がその後、元気にしてくれているのか分からない。

実際に提供した方のエピソードを読んだあと
決してバンク登録に背中を押してくれるものではなかったと感じたのが正直なところでした。

自分がまだ、小さい子供を育てている最中だからか
よし!登録しよ!という気持ちにブレーキがかかってしまった。
でも、この横で寝ている同じ年で、小さい子供が、この世界のどこかで待っているのかもしれないと思うと
火火を思い出し、苦しくなり、思い出し涙が出てしまう。

ある意味では、まだ観る時期ではなかったかもしれない。
勘違いにせよ、安易な気持ちで、見始めた事を後悔しました。
なんにもできないくせに、こんな映画を観て、こんな感情を抱き
多少の人生における困難があろうとも、健康でのうのうと生きていられる自分の存在が
逆に多少の罪悪感にさえも感じてしまう。

そんな風に思えた映画でした。
息子が20歳になるまであと16年程。その時私は40代。
まだ、バンク登録できる見込みはある。








Posted by ++ yummy ++
comment:0   trackback:0
[未分類]  thema:音楽・映画・DVD - genre:趣味・実用
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。